GISを活用した道路管理について

なんでもインフォ 2005年4月号

道路,橋梁,トンネル等の公共土木施設の多くは高度経済成長期に建設されたものが多く,近い将来,施設の大量更新時代の到来を迎えるにあたり,計画的な維持管理システムの構築が必要になっております.

こうした中,国をはじめ先進的な自治体は「アセットマネジメント=資産運営」の考え方を公共土木施設管理に導入し,財政的制約の下で施設の特性に合わせた長寿命化を含めた最適な維持管理を実現するための検討が行われております.

そこで,今回はGIS(地理情報システム)を活用した道路管理の手法についてご紹介いたします.

なんでもインフォ 2005年4月号