電線類地中化について

なんでもインフォ 2005年3月号

電線類を地下に収容することは、架空線方式に比べ、高コストですが、歩行者・自転車優先のみちづくりなどを推進する上で効果があり、さまざまなメリットがあります。例えば、

  1. 安全で快適な通行空間が確保できます。
  2. 美しい街並みの都市景観を形成できます。
  3. 台風や地震などによる都市災害を防止します。
  4. 情報通信ネットワークの信頼性が向上します。

そこで今回は、電線類地中化について触れてみたいと思います。(国土交通省道路局HP より)

なんでもインフォ 2005年3月号