社長からのメッセージ

弊社においては、2014年度からCIM(Construction Information Modeling/Management)への取り組みを進めてきました。

さらに2015年には、国土交通省のトップランナー施策「i-Construction」が発表されると同時に研究開発を加速させてきました。

その取組み成果として、橋梁設計においてUAV(ドローン)を利用した3次元空間計測データをもとに、3次元現況地形モデルを作成し、3次元設計モデルと連係・統合する技法「3次元完成形可視化モデル」を開発しました。

現在は橋梁設計、多自然川づくり計画、道路設計など幅広い分野において、「3次元完成形可視化モデル」を提供しております。

この「3次元完成形可視化モデル」は、従来の2次元図面では表現することが難しかった部分を分かりやすく表現することで、関係者間の意思疎通を容易にします。

これらの成果を社会に役立てるため、技術開発をさらに加速させる所存であります。

私どもは地域を拠点とした建設コンサルタントとして、土木の原点である「さまざまな制約や困難を克服し、暮らしを豊かに」を心に刻み、その実現のために取り組んできたところでございます。

今後も課せられた使命を再認識し、「技術信頼で記憶される企業」を目標にして努力してまいります。

2018年4月2日

代表取締役   村上 功
技術士(建設・総合監理部門)