設計基準の変遷からの、橋梁維持管理のポイント

なんでもインフォ 2018年10月号

全国の道路橋の数は約70 万橋です。建設のピークは高度経済成長期1955 年から1973 年であり、道路橋全体の約35%がこの時代に建設されました。

高度経済成長期に建設された橋梁は建設後50 年が経過しており、その他の橋梁と伴に本格的な維持管理の時代に入っています。

このような状況の中、橋梁の維持管理の一環として橋梁点検や橋梁補修などを行う際に、損傷の原因を推定することが多々あります。

そこで、今回のインフォでは、橋梁が建設された当時の設計基準を考慮して、損傷の原因を推定することも重要と考え、取りまとめました。

なんでもインフォ 2018年10月号

急募!求む!橋梁に関連する実務経験者

業務拡大につき国土交通省(国交省)、地方自治体等での管理技術者実績・経験保有者を特に募集しています。

<職種・資格>
橋梁設計技術者、鋼構造、橋梁、実務経験者、計画・調査・設計、管理技術者、照査技術者、技術士、RCCM、技術士資格、RCCM資格、鋼構造及びコンクリート

<勤務地>
東北、岩手県、盛岡・水沢地区

※ 採用時期等 希望に沿って相談に応じます。