設計基準の変遷からの、橋梁維持管理のポイント

なんでもインフォ 2018年10月号

全国の道路橋の数は約70 万橋です。建設のピークは高度経済成長期1955 年から1973 年であり、道路橋全体の約35%がこの時代に建設されました。

高度経済成長期に建設された橋梁は建設後50 年が経過しており、その他の橋梁と伴に本格的な維持管理の時代に入っています。

このような状況の中、橋梁の維持管理の一環として橋梁点検や橋梁補修などを行う際に、損傷の原因を推定することが多々あります。

そこで、今回のインフォでは、橋梁が建設された当時の設計基準を考慮して、損傷の原因を推定することも重要と考え、取りまとめました。

なんでもインフォ 2018年10月号