AUTODESK CREATIVE DESIGN AWARDS 2015 CIM部門グランプリ受賞

UAVを活用した橋梁景観設計

Autocad(オートキャド)を筆頭に多数のCADソフトウェアを開発・販売しているAUTODESK社主催のAUTODESK CREATIVE DESIGN AWARDS 2015 CIM部門にて、岩泉町の大川七滝での弊社業務事例「UAVを活用した橋梁景観設計」が、グランプリを受賞いたしました。

この受賞に際し、発注者である岩泉町をはじめ、ご協力頂いた各関係者様に心よりお礼申し上げます。

今回発表させて頂いた事例は、現在土木建設業の未来への課題としてあげられる、若者の土木建設業離れやCIMの普及推進に対して、具体的なアクション提案になるのではと考えています。

若者が土木建設業にもつ従来の古いイメージとは違い、CIMの普及により現在土木業界を取り巻く環境は日々変化を遂げています。私どもはCIM対応への取り組みとして、ドローンを活用した測量や3DCAD等の最新技術を使い、得た情報から3D地形を作成し、複数案の架橋位置検討や橋梁形式検討、景観シミュレーションを行っています。

また、計画を可視化することにより、地域住民及び関係者の理解・意思疎通を高め、業務の効率化を図っています。

この事例を通じ、若者や既に業界に携わっている方々に、土木業界やCIMに少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

「Autodesk Creative Design Awards」について

Autodeskより引用
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/item?siteID=1169823&id=24532509

Autodesk Creative Design Awards

いま、新しい技術を利用した製造や建設、消費者の購買行動の変化、イノベーティブな製品を生むコラボレーション環境などの要素が組み合わさって、何かを作る方法が全く新しい方向に転換しています。これにより世界の産業構造は著しい変化に直面しています。こうした変化に率先して対応するために、当社は 「The Future of Making Things」 ~創造の未来~ という考え方の基、最新技術を取り入れた幅広いアプリケーションとサービスを提供しています。

今回開催するアワードは、この変化に順応して未来の世の中を良くするアイデアや、社会的な問題を解決するアイデアの発表の場として、そしてこれを実現しようとする方々を応援する目的で開催します。形式やジャンルにとらわれず、より良い未来を感じさせる自由なアイデアを募ります。