UAVによる空間計測技術を活用した3D設計

なんでもインフォ 2015年6月号

先月号で弊社のCIM対応の取り組みについてご紹介をさせて頂きましたが、今月号では3D設計までの流れの⼀例についてご紹介させて頂きたいと思います。

まず、これまでの建設生産プロセスは2次元図面をベースに⾏われてきましたが、CIMでは2次元図面に加えて3次元モデルの作成が必要になります。

弊社では、3次元CADの導入やUAVの活用など、今できることから準備を⾏っており、実際にこれらを用いて、橋梁景観設計を⾏いましたので、そのご紹介をさせて頂きたいと思います。

なんでもインフォ 2015年6月号

急募!求む!橋梁に関連する実務経験者

業務拡大につき国土交通省(国交省)、地方自治体等での管理技術者実績・経験保有者を特に募集しています。

<職種・資格>
橋梁設計技術者、鋼構造、橋梁、実務経験者、計画・調査・設計、管理技術者、照査技術者、技術士、RCCM、技術士資格、RCCM資格、鋼構造及びコンクリート

<勤務地>
東北、岩手県、盛岡・水沢地区

※ 採用時期等 希望に沿って相談に応じます。