構造物の根入れ調査

既設構造物の安定度、耐久性及び耐震性などについて、再評価を実施するケースが増えています。

また、既設構造物が施工の障害となることから、非破壊で既設構造物の規模を把握しなければならないこともあります。

このような場合の調査方法にはいくつかありますが、本調査方法は、以下の要領で構造物の根入れ震度などを調査します。

  1. 対象構造物(杭など)の近傍位置にボーリング孔を削孔し、ボーリング孔に受振器を挿入する。
  2. 構造物の地上部をハンマーなどで打撃して振動を計測します。
  3. 構造物と地盤の伝播速度の違いによって生じる、震度―伝達時間曲線の折れ点などから、構造物の根入れの深さや形状などを評価します。
  4. 構造物と反対側の地盤を打撃する振動計測も実施することで、上記の評価制度の向上を図ります。

調査フローチャート

調査概念図

作業手順

なんでもインフォ2002年12月号「土壌汚染対策法について」.pdfもご覧ください。