CGを活用した護岸景観設計

名勝天然記念物に指定されている厳美渓内を流れる一級河川磐井川の中流部に位置する水衝部であり、長年の洪水や風化によって法面が今後更に侵食を受け崩壊する恐れがあるため、河岸河床部に護岸工を設置し、以後の侵食の進行を防止することを目的としています。

技術的特長

計画に当っては、対象地域が厳美渓であることを踏まえ、厳美渓の景観を損なわないように、CGを活用し完成イメージを想定しながら、護岸計画を行ったものです。