災害時における迅速且つ的確な橋梁設計

大規模河川災害復旧助成事業に伴い、架け替えが必要となった橋梁の詳細設計業務です。

技術的特長

橋梁形式:プレテンション方式2径間連結T桁橋

橋梁計画にあたっては、ライフサイクルコストを含めた経済性、構造性、施工性、さらには周辺状況との景観性など、トータル検討によって橋梁形式を選定しました。

特に固定支承位置の決定にあたっては、従来の観念にとらわれず、入念な解析・検討を重ねました。
その膨大な検討ケースから、最適橋梁形式を抽出するまでのプロセスを短期間に的確且つスムーズに遂行しました。