擁壁やEPSを活用した道路設計

施工条件の厳しい環境(用地余裕、地盤条件、掘削スペース等)において、鋼矢板を用いた道路擁壁を提案しました。

用地余裕が少なくかつ地盤条件が悪い都市部において、土留め構造は前面勾配を付さず、かつ地耐力を期待しない構造が望まれることから、壁体の曲げ鋼性と根入部の抵抗によって自立する「鋼矢板を用いた土留め構造」を採用しました。

技術的特長

 本施工条件では、ある一定の高さを超えると土留め頭部変位量が大きくなることから、軽量盛土材を用いて変位を軽減し壁体の安定を確保しています。