「コンパクト+ネットワーク」について

なんでもインフォ 2016年2月号

平成26年7月に国土交通省から公表された「国土のグランドデザイン2050」は、急速に進む人口減少や巨大災害の切迫などの我が国が直面する課題を見据え、今後の国土づくりの理念や考え方を示すものです。これを受け、昨年8月に、この先概ね10年間の国土づくりの方向性として「国土形成計画」が定められました。

これらの計画では、地域活性化と地域間の連携による新たな価値の創出を目指す「対流促進型国土」の形成を図ることとし、そのための国土構造として「コンパクト+ネットワーク」の形成を推進することとしています。

今回のなんでもインフォは、「コンパクト+ネットワーク」について、最新の国土交通白書の内容などから紐解いてみます。

なんでもインフォ 2016年3月号