野生動植物調査

わたしたちのふるさと岩手県には、豊かで優れた自然がたくさんあり、そこに息づく動植物は自然豊かさの目安にもなります。

しかし、近年さまざまな環境問題が顕在化しており、自然環境の保全にも積極的な取り組みが求められています。

野生動植物調査は、公共工事の実施に当たって野性生物の生息状況を把握し、環境保全対策の基礎資料にするものです。

調査項目と調査方法には、次のようなものがあります。野生動植物は季節によって異なる種が確認されるため、四季を通じた調査が必要です。

なんでもインフォ2004年9月号「自然環境調査の方法」.pdfもご覧ください。