授与式に行ってまいりました!:i-Construction大賞

昨日、「令和元年度i-Construction大賞」の授与式が、霞が関の国土交通省・中央合同庁舎にて執り行われ、昭和土木設計から社長の村上と、ICT推進室・佐々木リーダーの2名が参加いたしました。

2014年から始まったCIMへの取り組みが、こうして評価を頂けるようになったのは、ひとえに、関係者の皆様のお力添えがあってこそ、と感じております。

土木を取り巻く状況は依然として厳しく、BIM・CIM/i-Constructionの取り組みも、まだまだ道半ばです。

土木に携わる方々が少しでも早く帰れるように、
完全週休2日が達成できるように、
お給料が増えるように、
入職する若者が増えるように・・・。

自分達だけではなく、皆さんを巻き込みながら、今後もいっそう推進してまいります!!