橋梁定期点検の新技術導入について

なんでもインフォ 2021年10月号

 我が国のインフラは、高度経済成長期以降に整備されたものが多く、今後、建設から50年以上経過する施設の割合は加速的に増加するため、その維持管理・更新が課題となっています。

 平成26年から橋長2.0m以上の道路橋では5年に1回の定期点検が義務付けられ、近接目視による点検が基本とされています。ただし、新設橋は供用開始後2年以内に点検が必要です。

 現在、2巡目の定期点検が実施されていますが、国土交通省では、「新技術利用のガイドライン(案)」および「点検支援技術性能カタログ(案)」を整備・拡充し、道路橋等の道路構造物の定期点検に新技術の活用を推進しています。

 今回は橋梁定期点検における新技術導入について紹介したいと思います。

なんでもインフォ 2021年10月号

急募!求む!橋梁設計実務経験者

業務拡大につき国土交通省(国交省)、地方自治体等での管理技術者実績・経験保有者を特に募集しています。

<職種・資格>
橋梁等構造設計技術者、技術士・RCCM資格(鋼構造及びコンクリート)

<勤務地>
東北、岩手県、盛岡・奥州地区

※ 採用時期等 希望に沿って相談に応じます。