安全で円滑な信頼性の高い道路づくりを目指す「道路防災」

なんでもインフォ2006年1月号

道路は日常生活において、人の移動や物資の輸送に欠かせないライフラインとして活躍しています。また、災害時には、被災者の避難路や物資の輸送路として重要な役割を担っています。

道路災害は、豪雨や台風による落石や土砂崩れ、地震による橋梁やトンネルの崩壊、豪雪や火山噴火、高波などがあります。

こうした災害に対して、道路を安全で円滑な信頼性の高いものにすることが「道路防災」であり、ハード面とソフト面の防災対策があります。

今回の何でもインフォは、道路防災の対策についてを取り上げます。

なんでもインフォ2006年1月号
安全で円滑な信頼性の高い道路づくりを目指す「道路防災」