地質調査・ボーリング調査

土木構造物の設計には、土質・地質・地下水などの「地盤」が密接に関係します。したがって、施工時の手戻りを極力少なくし、より良質で、経済的な土木構造物の計画には、適切な地盤調査が必要です。

地盤調査は、空中写真や地形図などの資料から広域的な地形や地質の問題点を把握した上で、ボーリング調査や物理探査、室内試験などの方法で実施します。

崩壊した道路法面の地質調査

ボーリングや弾性波探査などによって地盤構成を把握するとともに、崩壊形態やメカニズムを調査します。

調査結果の分析

ボーリングコアを分析して、柱状図や地質断面図を作成します。

パイプ歪計の設置と動態観測

地すべりや崩壊の動きを把握します。

弾性波探査

硬い地盤ほど弾性波が早く伝達することを利用して、地質構造や緩み領域を把握します。

橋梁設計のための地盤調査

支持地盤を確認するとともに、液状化の有無などの土質工学的な性質を把握します。

孔内水平載荷試験

水上仮設足場でのボーリング調査

地盤の液状化判定

ボーリング孔内での地盤の変形係数を測定します。

土質試験結果を活用して、地震時の液状化について判定します

簡易動的コーン貫入試験(簡易貫入試験)

斜面表層や軟弱な土層の厚さを確認します。

また、測定結果をN値に換算することで、土質定数や地盤の許容支持力の目安を得ることができます。

簡易貫入試験

N値≦15程度で、玉石・礫以外の土質に適用。測定可能深度は5m。