プレートテクトニクスについて

なんでもインフォ 2014年4月号

昨年の9月に三陸地域が日本ジオパークに認定されました。

「三陸地域」には、古生代から中生代の様々な地質が分布していて、その大部分は付加体と呼ばれる地質体で形成されています。

この付加体は「プレート」の運動により形成されたもので、このプレートで説明される地質構造理論はプレートテクトニクスと呼ばれ、1960年代後半以降に発展した地球科学の学説です。

また、このプレートが、2011年3月11日の東日本大震災の東北地方太平洋沖地震を発生させた原因でもあるのです。

今回はこのプレートテクトニクスを取り上思います。

 

なんでもインフォ 2014年5月号