多自然川づくり基本指針について

なんでもインフォ2008年12月号

平成2年に多自然型川づくりが始まって以来、多自然型川づくりが定着しつつある一方で、依然として画一的な標準横断形で計画したり、河床や水際を単調にしたり、課題の残る川づくりが多く見られました。

このため、多自然型川づくりの『型』の文字を削除した提言「多自然川づくりへの展開」をうけて、国土交通省は「多自然川づくり基本指針」を策定し、さらに技術的知見を示した「中小河川に関する河道計画の技術基準について」を通知したところです。

そこで、今回は「多自然川づくり基本指針」「中小河川に関する河道計画の技術基準について」の解説版である参考文献『多自然川づくりポイントブック』の中から、多自然川づくりの工夫の仕方について参考事例を交えてご紹介したいと思います。

なんでもインフォ2008年12月号 多自然川づくり基本指針について

急募!求む!橋梁に関連する実務経験者

業務拡大につき国土交通省(国交省)、地方自治体等での管理技術者実績・経験保有者を特に募集しています。

<職種・資格>
橋梁設計技術者、鋼構造、橋梁、実務経験者、計画・調査・設計、管理技術者、照査技術者、技術士、RCCM、技術士資格、RCCM資格、鋼構造及びコンクリート

<勤務地>
東北、岩手県、盛岡・水沢地区

※ 採用時期等 希望に沿って相談に応じます。