「土のう」を利用した地盤補強工法

なんでもインフォ 2004年3月号

「土のう」は従来,災害復旧等の仮設材として広く用いられてました.土のうの歴史は古く,西暦1600年代の大阪城三の丸の堀の通路跡からも出土しています.この通路は,瓦と土のうを積んだ上に板を敷いてあり,堀を横断する目的でつくられたようです.

このように,土のうの歴史は,はるか数百年前にさかのぼります.

なんでもインフォ 2004年3月号