コンクリートの混和材料~入門編

なんでもインフォ 2013年7月号

コンクリート構造物を長持ち(長寿命化)させるためには、新設する際の品質が大切であると言われています。高い品質の構造物を作れば長持ちさせる事ができるという事です。

コンクリートを高品質にするための方法のひとつに単位水量を少なくし、コンクリートを緻密にさせる方法があります。これにより水分、塩化物イオン、二酸化炭素などの劣化因子の進入を低下させることができます。

しかし、単位水量を少なくすることによってコンクリートの流動性が低くなりワーカビリティー(打設作業のしやすさ)が低下するとともに、水和熱が上がりひび割れが発生しやすくなります。

このようにコンクリートには様々なトレードオフの関係があり、それを改善するのが混和材料です。

東日本大震災からの復旧復興のため、たくさんのコンクリート構造物が建設されようとしています。

今月号のインフォでは、高品質のコンクリートの打設のため少しでも役に立てられればと思い、コンクリートの魔法の薬、混和材料の基本についてまとめてみます。

なんでもインフォ 2013年7月号