宇宙の旅人たち、人工衛星について

なんでもインフォ 2009年3月号

平成21年1月23日、種子島からH-ⅡAロケットによって打ち上げられた「温室効果ガス観測技術衛星いぶき」に相乗りして、7つの小型人工衛星が打ち上げられました。なかでも注目を浴びたのが、「まいど1号」というユニークなネーミングの雷観測衛星です。

気がつけば、気象予報からGPSまで、人工衛星は生活に密着したものになっていました。地上では暗い話題の多い中、空を見上げて、夢のありそうな宇宙を行く旅人たちの話題を集めてみました。対象の選び方は筆者の独断ですが、よろしければ、お付き合いください。

なんでもインフォ 2009年3月号