新しい街道空間づくり『日本風景街道』

なんでもインフォ2006年9月号

これまでの我が国の道路は、急激に進むモータリゼーションへの対応として、経済性・効率性を重視して整備されてきたため、地域の個性が感じられない画一化された感がありました。

活力ある地域づくりが求められている今日では、「空間機能の重視」、「地域特性を活かす」、「沿道との調和」など、多様なニーズが道路に必要とされており、このような背景をうけて、創意工夫を凝らした“みちづくり”や“まちづくり”が各地で進められています。

そのなかでも、新しい観光振興策『日本風景街道(シーニックバイウェイ)』が現在注目を集めています。これは、行政・住民・利用者・NPOなどが一体となって、地域の沿道景観や自然環境の保全・整備に取り組み、道路そのものを観光資源として活用するという新しい街道空間づくりです。

なんでもインフォ2006年9月号 新しい街道空間づくり『日本風景街道』