「歩いて楽しむ街」シネマタウン社会実験

 盛岡市大通中心市街地において、「歩いて楽しむ街」としての街の魅力を向上させるため、みちのく国際ミステリー映画祭とあわせて、大通りのトランジットモール化(一般車両の進入禁止と小型ノンステップバスの運行)とオープンカフェを実施し、その効果や課題等について検証を行いました。

当社は大通りと映画館通りにおいて交通量の調査を実施し社会実験実施前後での交通量の変化を把握しこれを分析する業務を担当しました。

調査は自動車交通量、自転車歩行者交通量、駐輪台数の3項目の調査を行ないました。