舗装台帳管理システム

「舗装台帳管理システム」は、舗装台帳管理のほかに道路維持修繕のための舗装工事の情報や、舗装構成情報などもまとめて管理します。

1.各種舗装情報の登録

路線名、道路種別、道路台帳番号、延長、設計TAや設計CBRなどの舗装状況管理に必要な各種情報を登録することができます

2.舗装構成の登録

 粒度、最大粒径、バインダ、特殊工法、路盤層、路床改良などの舗装構成についても、すべてリストから選ぶだけの簡単な入力方法で舗装情報を登録することができます。また、入力頻度の高い舗装構成パターンをあらかじめ登録することがさらに、各機関で定められた標準舗装構成を、ウィザードを使用することでより簡単に入力できるようにしています。

3.舗装工事情報の登録

 施工年度、工事名、施工箇所名、施工業者の情報を工事情報として登録することができます。ここで登録することにより、舗装情報入力画面で工事情報をリスト表示させ、舗装情報画面に登録することができます。

4.各種印刷機能

入力された舗装工事情報や舗装構成情報をもとに、舗装台帳を作成し、印刷します。その他、位置図などの印刷も可能です。

5.舗装情報の検索

大量に登録されている舗装情報から、路線、あるいは施工年度によって情報を絞り込んでいくことで、舗装情報を簡単に探し出すことができます。
その他、検索結果に該当する路線を地図上に表示させたり、地図上の路線を選択して舗装情報を表示させるなど、様々な方法で検索を行うことができます。

6.その他の機能

舗装年度別に分類してある道路(分類図)の表示・非表示機能があります。

※岩手県土木設計マニュアル【道路編】に基づいて作成されたシステムです。